2005年05月13日

内臓を効果的に温める方法




内臓を元気にしてあげるには、とにかく温めることです。

でも、どこをどのようにして温めたらいいか、わかりませんよね?

そこで今日は、効果的に内臓を温める方法を、

詳しく書いていきますね。









まず温めるには、内臓の位置がどこなのか、しっかり抑えておくべきですね!

ただ、心臓脾臓は、カラダの中でも熱を起こしている場所なので、

温かいです。

ですから、それ以外の、重要な内臓の場所を、理解しましょう!









まずは、「 肝臓 」 


右胸のちょっと辺りにあります。

肝臓は、温めてあげることで、飛躍的に機能が回復する臓器ですよ!

最近、コレステロールや中性脂肪が高い…

ストレスをためている…

お酒をよく飲む…

便秘がちだ…

アトピー体質…

という方は、積極的にここを温めてくださいね。











そして次に、「 胃 」

胃は、左胸のちょっとにあります。

ほぼ真ん中に近い形ですね。

普段ストレスをたまりがち…

神経が疲れている…

あんまり胃腸が強くない…

という方は、ドンドン温めましょう!










続いて、「 腎臓 」


右胸左胸の少し辺りにありますよ。

ちょうど、背骨をはさむような形で2つ存在します。

そして、胃と同じぐらいの高さになりますね。

最近トイレに行く回数が少ない…

冷え性がきつい…

疲れやすい…

という方は、ここを温めることをお勧めします。

別にどこも悪くないよ!という方も、ここを温めてください。

病気になりにくくなります。

そして、背中側にありますから、寝るときは、

背中から温めると効果的ですね!










そして次に、「 すい臓 」

これはちょうど「胃」と「腎臓」に、はさまれています。

のちょっとの、真ん中辺りです。

だから、「胃」「すい臓」「腎臓」は重なっているんですね。

ストレスをためやすい…

過食気味だ…

糖尿病になりそうだ!

という方は、背中、両方から、真ん中あたりを温めてくださいね!

すると、効果的にすい臓が元気になってきます。









次に「腸」ですが、お腹の辺りということでわかりますね!

おへそを中心に全体を温めるといいですよ!










最後に「子宮」

これは昨日も話したように、

とっても冷えに弱いです。

後ろから骨盤に守られているので、おへその下辺りを、

前から温めてあげるといいと思います。









自分の弱っているところが、どこにあるか、わかりましたか?

自分の弱っている臓器を、温めてあげることで、内臓の機能は

飛躍的に上がってきます!

今日メルマガで紹介した裏ワザを使えば、寝ながら無理なく温めることが

できます。

そして同時に、カラダを温める飲み物を飲めば、内から外から一気に

回復していきますから、効果も早く出やすいですよ!


カラダの燃費(代謝)を良くする飲み物とは?


ぜひ、合わせワザで実践してみてくださいね!

体質改善プログラム ← 本気で体質改善したい方はこちら


人気blogランキング ← こえてます



新作メルマガランキング2位を獲得!!(ライフスタイル版)


102人の裏ワザ達人!超速やさしい健康術


カラダの悩みを、解決する裏ワザ健康術を一挙公開!

自宅医療アドバイザーのコスミンが、無理なく、カンタンにできるものを厳選して、配信していきます!

お仕事しながら、料理しながら、ご飯食べながら・・・毎日の生活に無理なく取り入れていけるものばかりです!


詳しくはこちら!

メールマガジン登録は無料です!気軽にどうぞ!

↓  ↓

メールアドレス:


Powered byまぐまぐ




トップへ戻る
posted by 小角 昌弘 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 免疫力
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3611493

冷えは万病の元!
Excerpt: 今日の言霊: 今の自分から脱皮したかったら、 とりあえず動いてみること。 今日は朝から雨模様で寒かったですね〜。カチカチにこわばった筋肉が、レッスンでちょっとほぐれました。 冷えは万病の元と言いますが..
Weblog: 半熟卵のつぶやき〜産婦人科医の日記〜
Tracked: 2005-05-13 22:25


体質改善プログラムへ

トップへ戻る